Home

災害にあわれた妊婦さん・産婦さんとそのお子さま達へ

平成30年度台風7号及び前線等に伴う大雨による災害により、避難生活や断水などで、困っておられる産婦さんとそのお子さまに、広島県助産師会が下記のようなサービスを提供します。

対象者 避難所生活が困難な妊産婦とそのお子さま
サービス内容 入浴・短期滞在
場所 たから助産院
申し込み・お問い合わせ 082-870-8007

IMG_5594
赤ちゃんの持っている生まれる力、お母さんの持っている産む力を信じたお産のお手伝い、楽しい妊娠生活・育児へのお手伝いをさせて頂きたいと、たから助産院は誕生いたしました。

たから助産院が出来て良かったと皆さまに言っていただける様にスタッフ一同、心を一つに頑張っております。

皆様、たから助産院にいらして下さい。

院長 吉田 康子

 

 

 

 

 

産後ケアのご案内

たから助産院では、広島市妊娠・出産包括支援事業の委託を受け産後ケアを行っております。

産後ケアの内容

お母さんの心身の休養と体力回復のための癒しとケア,おっぱいケア、赤ちゃんの発育や発達のチェック、赤ちゃんの沐浴やおむつ交換やだっこの仕方など。お母さんが自信をもって赤ちゃんと一緒の生活を送れるようにサポートいたします。

利用期間

宿泊型ケア7日間まで・デイケア7日間まで

料金表

区分 宿泊型 デイケア
1日あたり 15,000円 1日あたり 7,500円
1日あたり 7,500円 1日あたり 3,750円
0円 0円
市外  1日あたり 30,000円 15,000円

区分1 :市民税課税世帯で、児童手当の所得制限範囲外の世帯
区分2 :市民税課税世帯で、児童手当の所得制限範囲内の世帯
区分3 :市民税非課税世帯または生活保護世帯
区分市外:広島市以外にお住まいの世帯(実費となります)
※利用日の前々日の17時までに連絡がなく変更・中止された場合はキャンセル料が発生します。

広島市からの補助を受けることができる方
下記のすべてにあてはまるお母さんと生後8週(56日)未満のお子様
・広島市に住所がある
・産後8週未満で体調不良や育児不安がある
・ご家族から、産後の家事、育児の支援を受けることができない

広島市からの補助を利用して産後ケアを受ける方法
①お住まいの区保健福祉課に産後ケアの申請書を提出します。
②保健福祉課から電話があり、たから助産院の利用日時を決めます。
③ご自宅に、産後ケアの利用承認通知書が届きます。
④たから助産院より電話があり、ご利用方法の説明があります。
⑤産後ケアが実施されます。

詳細はお住まいの地区町村へお問い合わせ下さい